×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

背中 しみ

背中のしみ

背中のしみも、顔や腕やその他の部位に出来るものとなんら変わりません。紫外線によって出来るもので、今背中にしみが無いといって喜んでいる人も、他人事ではないのです。夏の間の海水浴、日焼けケアはしっかりおこなっていたでしょうか?

顔や腕など、いつも目に付きケアもしやすい場所は比較的多くの人がしっかりおこなっていたことでしょう。けれども背中、これは自分の目からも見にくく、ケアをするにも一苦労といった場所、だからといって紫外線がそこだけ在り難く避けて通ってくれるでもなく、同じように降り注ぎます。

水着で出かけなかったからといって、安心できるものでもありません。この季節の薄での衣類ならなお更の事、生地を通って少しなりとも紫外線はやってきているのです。

背中のしみ事前対策

では、背中のケアとは一体どうしたらよいのか?ということになります。もちろん露出時は日焼け止めクリームを忘れない事は第一条件ですが、さきほども言ったように、直接肌を出していないからといって油断は出来ません。

最近はキャミソールにシフォンや鉤編みのチュニックなど、可愛らしいファッションが流行っているのですが、そのシースルー度を考えると、直接露出をしない日でも、日焼け止めをぬるのが得策とも言えるでしょう。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?